メリットとデメリット

レーシックのメリットとデメリット

レーシックのメリット
レーシックのメリットは、近視や遠視、乱視に適応していること、裸眼の視力が回復すること。
そのため、メガネやコンタクトレンズを購入する必要がなくなります。

裸眼で生活できるのは、とても大きなメリットではないですね。
ソフトコンタクトレンズの場合、ワンデイタイプのコンタクトレンズを使っていると、その分レンズが割高になり、2週間使い捨てのコンタクトレンズの場合は、レンズの消毒用ケア用品を定期的に購入しなければなりません。
ランニングコストがかかってしまいますが、レーシックを受けることで、こうした費用がかからなくなります。
手術が短時間で済むのもメリットでしょう。

痛みも少なく、日帰りで手術が受けられます。
寝るときにもメガネやコンタクトレンズに煩わされることなく、好きなときにすぐに眠ることができます。
クリアな視界で生活できるようになりますから、表情も明るくなっていくのがメリット。
さらに、動体視力が良くなる、目が大きくなるといったメリットもあります。
レーシック、コンタクト、メガネそれぞれの特徴についての記事も大変参考になるかと思います。

レーシックのデメリット
レーシックのデメリットは、治療を受けても目に負担をかけるような生活をしていると再び視力が悪くなること。
視力をレーシックで回復させることができても、その効果が半永久的に続くわけではありません。
そのため、レーシックをしてからは目に負担をかけない生活を心がけることが重要となっています。
また、再手術は可能なのでしょうか。詳しくはhttp://www.axflip.com/saisyuzyutsu.html

従来の視力回復手術に比べると費用はかなり安くなっていますが、それでも、安いと言い切れる値段ではありません。
しかも保険の適用がなく、治療費は全額自己負担となります。
さらに副作用や合併症のリスクもあります。

治療室や設備が不衛生なクリニックで治療を受けてしまうと、副作用や合併症の危険性はぐんと高くなります。
レーシック後に見られる副作用にはドライアイ、ハロー現象、ゴースト現象、グレア現象などがあります。
レーシックの合併症は、網膜はく離や眼内出血、角膜炎、感染症、眼圧上昇、フラップの形成不全などです。
レーシックに失敗したときの症状についての記事も参考になるかと思います
また、レーシックのリスクについて詳しく掲載されたこちらhttp://www.daremoshiranai.com/risk.htmlのサイトも是非ご覧ください。

このページの先頭へ