メリットとデメリット

レーシックの基礎知識

レーシックは角膜の曲率を変えることで、視力を回復させる治療法です。
使用するのはエキシマレーザー
大がかりな手術ではありません。

エキシマレーザーを使用するレーシックが一般的ですが、レーシックには、フェムトセカンドレーザーを使用するイントラレーシックや、高精度なレーシックとなるウェーブフロントレーシック、角膜を補正するトポリンクレーシック、PRK・エピレーシックといった種類があります。
ウェーブフロントレーシックやトポリンクレーシックは、患者ひとりひとりに合う治療法をカスタムしておこなうレーシックで、カスタムレーシックと呼ばれています。
レーシックは安全性が高く、術後の経過にも問題がないことから、徐々に注目を集めてきました。

もともとアメリカで始まったレーシックですが、日本でも人気があり、特にスポーツ選手にはレーシックを受けている人がたくさんいるようです。
レーシック後、裸眼視力が1.0以上になった人は90パーセント以上と言われているように、その効果は高く信頼できます。
メガネを使い続けていると、視力はますます悪くなり、コンタクトレンズの場合には、ドライアイのような目のトラブルが発生しやすくなります。

花粉症やアレルギーの人はコンタクトレンズを使うのが困難なことがあり、眼球の丸みが不足している人は、コンタクトレンズを使うことができません。
ですが、レーシックで視力を回復させると、問題は解消されます。
定期的にメガネを買い替える必要も、コンタクトレンズを買い続ける必要もなくなるのです。

快適なライフスタイルになるレーシックですが、リスクもあります。
手術が原因の感染症や合併症といったリスクです。
レーシックを受けるときにはメリットだけではなく、リスクを知っておくことがとっても重要です。
レーシックはまだそれほど治療の歴史がないため、実際どの程度のリスクがあるのかはっきりしていません。
こうしたことを踏まえて、レーシックを受けるようにしましょう。
こちらのhttp://www.stqy.net/011.htmlレーシックを受けてから20年後が経つ方の体験談も是非ご覧ください。

このページの先頭へ