メリットとデメリット

レーシックは保険が適用されるか?

レーシックは病気で治療を受けるわけではないため、手術にかかる費用は全額自費でということになります。
つまり、健康保険の適用がなく、3割の自己負担で済むというわけにはいかず、全額自己負担となってしまうのです。
治療を受ける病院やクリニックによって、レーシックの金額が異なっているのは自由診療だから。

そのため、安い治療費のところもあれば、かなり高い治療費のところもあります。
全額自己負担になっても、民間の生命保険や医療保険に加入している人であれば、手術費用の一部を給付金として受け取れる可能性があります。
保険会社の契約内容を確認して、給付金が受け取れるかどうか調べてみましょう。

注意したいことは、ここ数年の間に医療保険に加入した人は、適用外になる可能性が高いことです。
以前はレーシックの手術を給付対象とした保険会社がほとんどでしたが、現在では給付対象としている保険会社を探すほうが難しくなっています。
ここ数年新たに加入したのではなく、長年同じ保険に加入している人であれば、レーシックを受けることで、給付金として5万円前後受け取れる可能性が残っています。

適用となった場合ですが、保険会社に病院の診断書を提出することになっています。
診断書は治療を受けた病院に作成してもらうことになりますが、このとき診断書の作成費用がかかります。
お値段はだいたい3000円~1万円。

病院によって診断書作成費が違います。
詳しいことは、保険会社と病院に尋ねてみましょう。
レーシックの手術費用は高額のため、医療費控除が受けられる場合がほとんどです。

医療費控除は一世帯で年間医療費が10万円を超えた場合、確定申告時に申請をすれば還付されるというもの。
確定申告をしなければいけませんが、控除を受けるときには支払った証拠となる書類が必要ですから、領収書などの必要書類は確定申告時までに大切に保管しておく必要があります。
わからないことは、税務署に聞いて教えてもらいましょう。
▼また、レーシックについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ