メリットとデメリット

レーシックの病院選び

日本眼科学会に認定された眼科専門医
日本眼科学会に認められた眼科医でなければ、レーシックができないとされています。
眼科専門医がいるかどうかを必ずチェックするようにしましょう。

無料カウンセリングがあるか
レーシックは誰もが受けられるわけではないため、最初に必ず検査を受けます
目の異常だけではなく、全身疾患がないか、しっかりチェックしてから手術ができるかどうかを決めていきます。
検査や手術の前にはカウンセリングをしますが、この料金は必ず無料というわけではなく、有料でおこなっているところもあります。
できることなら無料で診てもらえるところがいいですよね?
説明をしてくれるだけではなく、質問にきちんと答えてくれる医師が理想です。
安心して何でも相談できる病院を選ぶようにしましょう。

実績
症例数が多いほど、医師の高い技術が期待できます。
症例数の多さは信頼の証拠のようなものですから、そのクリニックもしくは医師が、どれくらいこれまでレーシックをしてきた経験があるのか確かめるようにしましょう。

医師の技術
レーシックは安全性の高い手術と言われています。
ですが、医師の技量がものを言うとも言われていますから、病院を選ぶときには、医師の実績があるかどうかを知っておくことがとても大切です。
レーシックは100%安全とは言い切れません。詳しいレーシックのデメリットについてはhttp://xn--pckp0b6k2c7056bnwyc.biz/をご覧ください。
クリニックによっては、手術を担当する医師によって手術の値段が違っています。
技術の高い医師の場合、値段が高く設定されているのです。

設備や手術室の管理
高度な機器を使っておこなわれるレーシックがありますが、こうした設備の管理や、手術室の管理がなされていないと、レーシックを受けたあとに感染症のリスクが高くなります。
清潔な治療室か、しっかり管理されているかチェックしましょう。

わかりやすい費用
レーシックに必要な費用がすべて公開されているかも重要なチェックポイントです。
追加料金が発生したり、フォローの料金が高いようでは困ります。
わかりやすく、明快な費用かチェックしましょう。

アフターフォローの期間と内容
こちらも重要です。
フォローをしてくれる期間や内容は、クリニックによって違います。
自分に必要なフォローをしてくれるクリニックを見つけましょう。
また、気になる最高級のレーシックについて詳しくはhttp://www.aerconditionatieftin.com/saikoukyu2_3.html
▼また、こちらのサイトも参考になるかと思います。

このページの先頭へ